人気の海外旅行保険自動付帯クレジットカード

海外旅行や海外出張をする方に人気なのが、海外旅行保険が付帯するクレジットカードです。
特に人気なのは自動付帯となるクレジットカードです。
クレジットカードの海外旅行保険は利用付帯と自動付帯があり、利用付帯は旅行の代金を支払うことで保険が適用されます。
一方自動付帯は旅費の支払い有無関係なく、保険が適用となるのが特徴です。

海外旅行保険が自動付帯となるのは、年会費有料クレジットカードが多くなっています。
ただ年会費無料で自動付帯されている方がお得ではあるでしょう。
万が一のために、会員になっておくのもおすすめです。

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードでは、エポスカードが人気です。
最高補償金額は500万円と少ないのですが、疾病治療費最高270万円、傷害治療費最高200万円となっています。
海外渡航時の保険請求は、疾病治療費、傷害治療費がほとんどです。
なので最高補償金額よりも、治療費を重視した方が良いと言えるでしょう。
エポスカードは年会費無料クレジットカードの中では、治療費の補償金額は最高水準ということで人気となっています。

REXカードLiteも、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードです。
年会費無料ながらポイント還元率1.25%と高く人気なのですが、海外渡航をする人にもおすすめなのです。
最高補償金額は2,000万円で疾病・傷害治療費は最高200万円となっており、年会費無料クレジットカードとしてはしっかりした補償です。

JCB EITカードはJCBカードのプロパーながら、年会費無料で使えるので人気が高いクレジットカードです。
海外旅行保険は最高2,000万円となります。
疾病・傷害治療費は最高100万円です。
JCB EITはリボ払い専用クレジットカードなので、リボ手数料が必要になってしまいます。
しかし初回支払い手数料は無料なので、初回で全額支払えるような使い方をすると良いでしょう。
それならば一括払いをしたときのように、支払い手数料なしで使うことができます。

クレジットカードの海外旅行保険の疾病・傷害保険金は、合算することができます。
エポスカード、REXカードLite、JCB EITをすべて持っていて疾病治療を受けると、最高で570万円の補償を受けられることになります。
年会費無料クレジットカードであれば、すべて発行しても金銭的な負担はありません。
海外渡航のために3枚とも発行しても良いでしょう。